社会・その他

日大の田中英寿理事長を脱税の疑いで逮捕 東京地検

 東京地検特捜部は29日、所得税約5300万円を脱税したとして、所得税法違反の疑いで、日本大学理事長の田中英寿容疑者(74)を逮捕した。特捜部は、日本大学付属病院をめぐる2つの背任事件で、元理事、井ノ口忠男被告(64)らを起訴。背任事件では日大トップの関与は立証できず、所得税法違反罪での立件に踏み切った。

 田中容疑者をめぐっては、井ノ口被告と、大阪市の医療法人グループ前理事長の籔本雅巳被告(61)=背任罪で起訴=から、多額の資金を受け取りながら税務申告していなかった疑いが指摘されていた。

 逮捕容疑は、関係業者らから受領したリベート収入を除外し、過少な所得金額を記載した確定申告書を提出し、平成30年と令和2年分の所得税計約5300万円を免れたとしている。

 田中容疑者は、特捜部の任意聴取に「現金を受け取っていない」と説明。日大広報部は、「理事長の役員報酬や妻が経営する飲食店の利益など個人的な財産で、税務申告は適切に行っていると聞いている」としている。

 田中容疑者は日大経済学部を卒業後に大学職員となり、常務理事などを経て平成20年に理事長に就任。学外でも日本オリンピック委員会(JOC)の副会長を歴任した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus