小さな書店「Title」の奇跡 “本が売れない”時代を逆手に 店主に直撃 (1/5ページ)

 東京都杉並区にオープンして2年目の「Title(タイトル)」という新刊書店が話題になっている。「本が売れない」と言われるこの時代にJR中央線・荻窪駅から徒歩12~13分の青梅街道沿いという立地にオープンしながら、初年度の利益が(10カ月で)250万円と、当初見込みを100万円も上回り、個人経営の書店としては異例なまでの好成績を上げて、ビジネスとしても着実に成功しているのだ。

「Title」の店内(齋藤陽道氏提供)

「Title」の店内(齋藤陽道氏提供)

 オーナーは、全国チェーンの大型書店「リブロ」に18年間勤め、池袋本店で統括マネージャーの地位にあった辻山良雄氏。その池袋本店の閉店を機に退職し、ここ荻窪にみずからの書店を、2016年1月にオープンさせた。

 この新刊書店Titleはすでに各種媒体で紹介され、店主の辻山氏みずからの手になる記事もWebで読めるし、著書の『本屋、はじめました-新刊書店Title開業の記録』も入手可能だ。開店の経緯や店舗のコンセプトについてはそれらに詳述されており、ここで一から繰り返すことは避けるが、この書店の成功要因をひと言でまとめるなら、「みんな」に本を売るという従来の書店ビジネスの方向性に対して、それではもう商売は立ち行かないときっぱり背を向けたことだ。

 どういうことか? これまでの書店は、「本は一種の生活必需品」という前提のもとに成り立っていた。黙っていてもショールームのように本を並べていればお客さんが立ち寄って買っていってくれたのだ。しかし時代が変わり、本を日常的に買う人がめっきり減った。おまけにアマゾンなどが普及したことで、わざわざ本屋さんに足を運ばずとも、クリックひとつで玄関先に届けてもらえるようにもなった。

本は「愛着がある人」が選んで買うものになった