2017年の車名別新車販売台数 ホンダ「N-BOX」が初の首位 

全面改良した「N-BOX」
全面改良した「N-BOX」【拡大】

 2017年の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年比17.2%増の21万8478台と初の首位に立った。自動ブレーキなどの安全技術を標準装備した新型車を17年9月に発売し、子育て世代を中心に販売を伸ばした。ホンダの軽が年間トップを獲得するのも初めてという。

 上位10車種のうち6車種までを燃費が良い軽が占めた。統計は日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日、発表した。

 日産自動車は17年9月に発覚した新車の無資格検査問題でブランドイメージが傷ついたが、ハイブリッド車(HV)が人気の小型車「ノート」が35.6%増の13万8905台で5位、軽「デイズ」が30.1%増の13万7514台で6位に入った。16年トップのトヨタ自動車のHV「プリウス」は35.2%減の16万912台で2位となった。