パナ創業家、取締役ゼロに 松下副会長6月退任…100周年で区切り

松下正幸氏
松下正幸氏【拡大】

 パナソニックは28日、創業家出身の松下正幸副会長(73)が退任し、取締役からも外れると発表した。6月27日の株主総会で正式決定し、非常勤の特別顧問となる。創業家出身者が取締役からいなくなるのは大正7年の創業以来初めて。昨年3月に創業100年を迎えたことを受け、本人から区切りを付けたいと希望があったという。

 一方、津賀一宏社長(62)が続投する人事も発表した。6月の株主総会を経て正式決定すれば社長就任から8年目に入り、昭和52年から9年間在任した3代目社長の山下俊彦氏以来の“長期政権”となる。

 正幸氏は創業者の松下幸之助氏の孫で、幸之助氏の娘婿で社長も務めた正治氏の長男。43年に入社し、主に海外事業を担当した。関西経済連合会副会長として財界活動にも携わった。