趣味・レジャー

水族館初、養殖マグロ稚魚を展示 大量死で十数匹に

 青森市の浅虫水族館は11日、完全養殖のクロマグロの稚魚を国内の水族館として初めて展示した。同館は10日に稚魚の大量死を発表。11日にかけても減り続け、7日に約2900匹だった稚魚は、公開時には十数匹となった。小まめな給餌や水流の管理が不可欠と分かり、同館は残った稚魚の飼育に万全を期す考え。

 完全養殖のクロマグロの稚魚は採卵、ふ化、養殖、産卵のサイクルをすべて人工的に行ったもの。日本水産中央研究所大分海洋研究センター(大分県佐伯市)が無償提供したが、10日までに約2800匹が死んだ。

 太田守信館長(60)は「稚魚が群れで泳ぐ貴重な姿を見せたかった」と残念がる一方で「一匹でも多く成魚にしたい。来館者には漁獲規制のあるクロマグロを見て、水産資源の確保について考えてほしい」と展示継続に意欲を見せた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus