クルマ三昧

中古のR33型「GT-R」、今年に入って価格高騰 実は米国の輸入事情と関係 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 日本のスポーツカーがターゲットに

 そもそもアメリカでは日本のスポーツカー人気は凄まじい。特に、アメリカに新車で輸入されてこなかったモデルは走り派の中で注目されている。当時、バブル経済に後押しされて開発されたモデルは魅力的な性能を誇っていた。ホンダNSXしかり。あるいはマツダ・ロードスターであり、トヨタ・スープラはいまでも若者のハートを掴んで離さない。安定的な人気がある。R33型スカイラインGT-Rは玉不足に陥っている。

 つまり、オリエンタルなスポーツカーを待ち焦がれているユーザーが、製造から25年経過するのを待ち焦がれ、彼らのターゲットになっているのが、2020年の今年から遡ること25年前の1995年に製造されたR33型スカイラインGT-Rだというわけだ。

 4年前にはR32型が高騰

 実はその先代のR32型スカイラインGT-Rも、25年ルールが適用された4年前に高騰した。日本の程度良好な中古車がかき集められ、海を渡った。その余波で、日本の中古車価格は高騰した。その再来がいまR33スカイラインGT-Rに起きているのである。

 すでに数年前から25年ルールを見越した投機目的のユーザーにより高騰が始まっている。なかなか手の届かない価格になってしまった。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus