ヘルスケア

ワクチンによる死者回避7200人に上方修正 京大教授試算

 新型コロナウイルスのワクチン接種の効果について、京都大の西浦博教授は14日、今年3~9月の約半年間にワクチン接種で約80万8000人の感染と約6400人の死亡が回避されたとの試算結果を修正し、それぞれ約65万人、約7200人だったと厚生労働省を通じて明らかにした。

 西浦氏は13日、厚労省に新型コロナ対策を助言する専門家組織の会合で資料を提出していたが、計算に誤りがあったため修正したという。厚労省のホームページでは修正を反映した資料を掲載している。

 西浦氏が修正した資料によると、再計算の結果、3月からの約半年で実際の感染者は約114万人で死者は約8300人だったが、ワクチン接種がなければそれぞれ約179万人、約1万5500人になっていた可能性があるという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus