【試乗インプレ】大人向け乗り味のマツダ・ロードスターRFでしまなみ海道をゆく(前編) (1/5ページ)

2017.2.19 13:12

  • 瀬戸内の夕日としまなみ海道の来島海峡大橋を背に、横顔を浮かび上がらせるロードスターRF(iPhoneで撮影)
  • 幌屋根ロードスターの米国仕様にも積まれている2リッターエンジン。本文下リンクのロードスター試乗記事に添付されている1.5リッターエンジンと比べてみよう。RF
  • しまなみ海道、瀬戸田PAにて。後ろは生口島と大三島をつなぐ多々羅大橋。ロードスターRF
  • 来島海峡大橋とロードスターRF
  • まずはオープン状態で正面から半周してみる。ロードスターRF
  • 新色のマシーングレーメタリックは光の加減でガンメタにも黒にも見える不思議な色合い。ボディの抑揚がよくわかる色でもある。ロードスターRF
  • 全長は幌屋根のロードスターと同じなのに、なぜかよりコンパクトに見える造形。ロードスターRF
  • デザイン上の特徴はこのアングルから見るともっともわかりやすい。ロードスターRF
  • ロードスターRF
  • 次は屋根を閉めてまた半周してみる。ヘッドランプも点灯。ロードスターRF
  • ロードスターRF
  • ルーフの分割線が見えなければ屋根が開くとは思えないほどに形が整っている。ロードスターRF
  • そうか、こっちが標準形態なんだな。ロードスターRF
  • ロードスターRF
  • ルーフの分割線。これがどう折りたたまれるのか…ロードスターRF
  • リヤウインドーはガラス製。ロードスターRF
  • ご開帳!ロードスターRF
  • 前後輪ともにサイズは205/45R17。幌屋根ロードスターから1インチアップして太く、ブレーキディスクも一回り大きい。ロードスターRF
  • 銘柄はブリヂストン・ポテンザS001。ロードスターRF
  • 大島の亀老山展望台は迷路のような不思議な構造。ここからの眺めは次フォトに。ロードスターRF
  • 四国・愛媛は今治へと渡る来島海峡大橋が一望できる。【試乗インプレ】ロードスターRF
  • 橋から左にレンズを向けるとこんな眺め。左はうどん県方面だ。【試乗インプレ】ロードスターRF
  • 夕暮れ時の今治市大島の亀老山展望台駐車場にて。眼下には来島海峡大橋。ロードスターRF


 これまでホンダ・S660、マツダ・ロードスター、ダイハツ・コペンとオープンカーをいくつか取り上げ、この1月にもやはりオープンのアバルト・124スパイダーを取り上げたばかりなのだが…すみません、今回もオープンでございます。ということで、現在マツダの各工場で鋭意生産中のピッカピカの新型車、ロードスターRFを広島~松山間で試乗してきた。(文と写真:Web編集室 小島純一)

 三兄弟の最後に生まれた“お兄ちゃん”

 昨年3月23日、ニューヨークモーターショーで鮮烈にデビュー。翌24日にはオリジナルのロードスターが、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の2冠を1車種で同賞史上初めて受賞したこともあって、多くの日本のクルマ好きにとって、この両日を歴史的な一日として記憶に留めている方も多いだろう。

 皆さんとっくにご承知とは思うが、一応このクルマの成り立ちをおさらいしておく。

 ロードスターRF(以下「RF」と表記)は、幌屋根のロードスター(以下「ロードスター」と表記)をベースに、米国仕様に準じて2リッター自然吸気エンジンを搭載、ブレーキ、ホイールを大径化。幌屋根部分を後部ピラーを残したいわゆる「タルガトップ」型の電動格納式ハードトップとしたロードスターシリーズの上級車種である。アルミ骨格の幌屋根から、アルミ、スチール、樹脂を適材適所で混合採用し、重量増を抑えつつ、クローズド状態での静粛性向上を図った設計となっている。

 車名の「RF」はリトラクタブル・ファストバック(格納できる屋根を備えたクーペ)の頭文字から名付けられた。ちなみにファストバックとはクーペの一形態で、横から見たときに、キャビンとトランクの間に明確な段をつけず、屋根からボディー後端に向かってなだらかな線でデザインされたものを指す。

 ロードスター、124スパイダー、RFの順でリリースされたシリーズの“末っ子”ながら、醸し出す雰囲気はいちばん大人っぽいしっかりものの“長男”というイメージ。

 プラス500ccの余裕

 今回の試乗コースは、マツダの広島本社工場がある広島市内から広島高速、山陽道、しまなみ海道を経由、四国は愛媛県松山の道後温泉を目指す往復400キロ超の行程。

 本社工場で広報車をお借りして市内の一般道を走り出す。ベースのロードスターが搭載する1.5リッターエンジンに対し、馬力で27、トルクは約5キロアップした2リッターエンジンは、走り始めてすぐにトルク増がはっきり感じられた。低回転で早めにシフトアップしても力不足な感触は皆無で、ゆったり走ることができる。

エンジンと相性のよいAT 市街地走行は乗用車的静かさ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。