海外情勢

中国、福建省に自動運転車が走る「5G公園」

中国新聞

 中国・福建省福州市倉山区に「福州飛鳳山スマート公園」が開園した。同省で初めて第5世代(5G)移動通信システムがフルカバーする公園で、同市初の「自動運転車スマートパーク」でもある。

 園内では、来園者は対応する端末があれば次世代通信を体感することができ、各プラットフォームは超高精細画像のライブ配信に対応している。中国通信大手、中国電信(チャイナ・テレコム)福州支社の責任者は「5Gが普及すれば、来園者は公園中のどこでも5G網に接続でき、映画1本も数秒でダウンロードできる」と述べた。

 同市は中国電信の5Gモデル都市で、関連の取り組みが鳴り物入りで展開されている。同責任者は「将来的に、公園管理に小型無人機(ドローン)や360度高解像度ウェブカメラ、パノラマカメラ、来園者の密度を測るウェブカメラなどに技術保証を提供したい」と話す。

 開園式典では、中国IT大手の百度(バイドゥ)がアモイ金龍連合汽車工業と開発した「レベル4(特定エリアでの完全自動運転)」の自動運転バスを提供した。同車両は搭載されたセンサーやカメラなどで周囲を認識し、障害物を避けて走行する。同園には他にもハイテク技術が導入され、市民はAR(拡張現実)の“名人”と一緒に太極拳をしたり、音声やタッチパネルで認識するガイド機器などを利用できる。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus