海外情勢

ベトナム、再生エネルギー生産量を拡大 50年まで 段階的に43% (1/2ページ)

 ベトナムは、再生エネルギーの生産量拡大を強化する。発電量全体に占める割合を2015年の35%から20年には38%に引き上げ、50年に43%を目指す。国営ベトナムニューズが伝えた。

 再生エネの生産量では、15年の580億キロワット時から20年に1010億キロワット時、30年に1860億キロワット時、50年に4520億キロワット時に段階的に引き上げていく。

 ベトナム・エネルギー協会のグエン・バン・ブイ副会長は、「わが国は長い海岸線と気象条件により、再生可能エネルギー資源の開発で大きな可能性がある。水力、風力、太陽光、バイオマス、地熱、バイオ燃料に有利な条件が整っている」と話す。

 調査によると、ベトナムでは30年までに、小規模水力発電により約8000メガワット、風力発電で200メガワット、バイオマス発電で3000メガワット、太陽光発電で3500メガワットの発電が可能なことが分かった。既に18年末までに、8つの太陽光発電施設(総生産量243メガワット)と10基のバイオマス発電所(同212メガワット)に加え、小水力発電所285カ所(同3322メガワット)を実現している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus