• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.36135.37

「ひだまり」極寒の冬の海で働く漁師が認めた暖かインナー

昨今はお求めやすい機能性下着が普及し、寒くなるとまずはあたたかなインナーに衣替えする方が多くなりました。また、アウトドアブームの流れから、登山用として開発されたより高機能なインナーにも注目が集まっています。しかし、今回紹介するのは、このブームが起こる約40年も前に商品化され、今なお進化を続けるロングセラーの保温肌着。それが「ひだまり」です。

「ひだまり チョモランマ」を着た北海道えりも漁協の漁師さん
「ひだまり チョモランマ」を着た北海道えりも漁協の漁師さん

エベレスト登山隊も着用

「ひだまり チョモランマ」を着た北海道えりも漁協の漁師さん

「ひだまり」は、肌着メーカーの健繊(東京都新宿区)が、「健康管理はまず保温から」というコンセプトのもと、1978年に商品化した防寒機能インナーのパイオニア的存在です。

その後も改良が重ねられ、82年に登場した「ひだまり極(きわみ)」は、群馬県山岳連盟のエベレスト登山隊が91年、世界最高峰のエベレスト登頂時に着用していたことで話題になりました。そのあたたかさについて、同社は「体温を逃さない魔法瓶のような肌着」と表現します。

三層構造で保温力アップ

防寒性の秘密は、独自の混紡糸「ダンロン」と、あたたまった空気を保温する働きを持つ特殊な加工編地。ダンロンは、フランスの繊維メーカー、ロービル社が作る世界で唯一の糸で、「ロビロン」を80%、アクリルを20%の割合で混紡しており、熱伝導率が低く、速乾性と透湿性に優れています。

これを、肌に当たる側に使い、さらにナイロン、アクリル・毛と生地を三層に重ねることで空気の層を作り、あたたまった空気を溜め込みます。表から見るとキルティングのようなキルトウェーブ加工の編地は、この三層構造の生地の保温力をさらに高める効果があるといいます。

真冬の“動かないアウトドア”でも快適

今や、防寒対策に欠かせない機能性下着ですが、「ひだまり」は、汗に反応して熱を発するいわゆる「発熱繊維」の下着とは一線を画します。汗をかかないとあたたかくならず、動くと暑くなって汗冷えすることもある発熱繊維に対し、「ひだまり」は、じっとしていてもあたたかく、汗をかいても湿気を放出して常にサラッとした着心地をキープします。

真冬の屋外での作業や仕事はもちろん、ゴルフ、スキーなどスポーツや登山、冬のウォーキングにおすすめ。動かなくてもあたたかく過ごせるので、バイクや釣り、スポーツ観戦には特におすすめです。

耐久性に優れた高品質な日本製

糸の生産、生地の製造・裁断から縫製・検品まで製造は新潟にある同社の自社工場で行われています。オリジナルの混紡糸「ダンロン(R)」は、熱に弱く扱いが難しい糸。専用の編み機で一般の編地の倍の時間をかけて編み上げられます。出来上がった製品を洗濯から自然乾燥まで300回繰り返す試験では、寸法変化率がほとんど見られず、優れた耐久性が証明されました。

一枚で外出もOK。漁師の要望から生まれた「ひだまり チョモランマ

漁師の要望から生まれた「ひだまり チョモランマ」は、見た目の下着っぽさを排除したデザイン。極寒の海から戻って陸に上がった際や、作業中に暑くなって上着を脱いでも違和感がありません。色はスポーティーなネイビーで、ひじ当てやひざ当ても付けて強度を高めています。ジッパーで開閉し、首まであたたかい「紳士ハイネック長袖シャツ」は14,080円。「紳士丸首長袖シャツ」、「紳士ズボン下」はいずれも9,900円。

レギュラーモデルの「ひだまり極(きわみ)

レギュラーモデルの「ひだまり極(きわみ)」は、メンズが白、レディスがピンクで普段着の下に着られるインナータイプ。シャツやセーターの下に着ても重ね着で着膨れすることもありません。実際、テレビドラマや映画など、真冬の屋外撮影でも使われ、出演者が衣装の下にこれを着用し、薄着で本番を乗り切ったというエピソードも寄せられていると言います。「ひだまり極 紳士長袖U首シャツ」「ひだまり極 紳士ズボン下」は各8,250円。

ひだまり 紳士ダブルソックス(2,090円)は、1足で重ね履きをしているようなあたたかさ。グレーと黒の2色をご用意しています。

「ひだまり」は、極寒の冬の海で働く漁師たちに口コミで広まっただけあり、他の機能性下着とは比べ物にならないあたたかさ。重ね着や厚手のコートが苦手な方は、インナーを「ひだまり」にチェンジしてみてはいかがでしょうか。

価格はすべて税込み。5,000円以上のご購入で送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>








Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)