ソニー「4K」核に映画ビジネス 3割安いシネマ用プロジェクター開発 (1/3ページ)

2013.2.14 08:00

 ソニーは13日、フルハイビジョン(HD)の約4倍に当たる解像度を持つ「4K」技術に対応したデジタルシネマ用のプロジェクターなどを開発し、受注生産を始めたと発表した。

 上映システムの想定価格は700万円前後と従来の同社製品よりも約3割安く、ランニングコストも抑えられるほか、操作の簡単さも特長という。デジタル化が進んでいない中小規模の映画館や公共施設を中心に売り込む計画で、高精細な4K映画を楽しめる映画館が増えそうだ。

 システムは映像を投影するプロジェクターと、映画などのコンテンツを管理するサーバー、データを読み取って再生する機器などで構成される。

 プロジェクターは幅約54センチ、高さ約63センチ、奥行き約111センチ。幅約12メートルのスクリーンにまで上映が可能で、別売り品を使えば3D(立体)映画にも対応できる。

20年には53.3%へと大幅に拡大へ

  • ソニー“くもの糸”にすがる現実 映画好調で黒字化も…本業復活遠く
  • 大型4Kで変わるテレビ勢力図 生き残り懸けた電機各社の戦略とは
  • ソニー、MDプレーヤー事業終了へ 最後の機種も3月で出荷終了
  • パナソニック、有機EL発表に会場から拍手が… 「韓国に技術で負けていない!」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!