軽自動車の低燃費競争過熱 「プリウス」超える燃費性能、HV並みに高まる (1/3ページ)

2013.2.21 08:15

スズキが一部改良して3月4日に発売する軽自動車「アルトエコ」

スズキが一部改良して3月4日に発売する軽自動車「アルトエコ」【拡大】

 エコカー補助金終了の反動減などで今年の国内の新車需要が落ち込むとみられる中、「低燃費」や使い勝手の向上で人気を集めている軽自動車をめぐり、メーカー各社の競争が過熱している。

 スズキは20日、軽自動車「アルトエコ」を一部改良し、ガソリン1リットル当たりの走行距離が二輪駆動タイプで33.0キロになったと発表。軽の燃費競争の攻防ラインはハイブリッド車(HV)並みに高まってきた。

 一部改良したアルトエコでは部品の構造や車体の設計を見直し、従来より車体を約20キロ軽くした。2012年9月発売の「ワゴンR」で初採用した低燃費化技術「グリーンテクノロジー」も活用。トヨタ自動車のHV「プリウス」を上回る燃費性能を実現した。3月4日に発売する。

 ダイハツ工業も低燃費化に積極的だ。12年12月に投入した主力の軽「ムーヴ」の新型車に低燃費化技術「e:S(イース)テクノロジー」を取り入れ、燃費を1リットル当たり29.0キロに向上させた。

ミライース次期モデルでは「35キロを狙える」と自信

  • 「究極のエコカー」主導権争い 開発に各社傾斜、鍵を握るGMの動向
  • 超小型EV、普及へ用途模索 日産は主婦向け、トヨタは公共交通機関
  • トヨタ、世界生産950万台計画 グループは史上初の1000万台超
  • 威勢よく「アクアの独り勝ち許さない」 トヨタ以外の社長から聞きたい言葉
  • 想定以上に売れた「N BOX」 危機に見舞われると強くなる“ホンダイズム”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!