「スバルXVハイブリッド」増産前倒し 富士重、上期国内生産が過去最高へ (1/2ページ)

2013.9.5 06:00

販売が好調な富士重工業の「スバルXVハイブリッド」の電池を載せる工程。今月から増産を始めた=4日、群馬県太田市の同社群馬製作所矢島工場(古川有希撮影)

販売が好調な富士重工業の「スバルXVハイブリッド」の電池を載せる工程。今月から増産を始めた=4日、群馬県太田市の同社群馬製作所矢島工場(古川有希撮影)【拡大】

 富士重工業が、6月に発売した同社初のハイブリッド車(HV)「スバルXVハイブリッド」の生産を従来の2倍に当たる月2000台に引き上げたことが4日、分かった。受注が想定以上に好調で、10月に予定していた増産開始を1カ月前倒しした。また同社は同日、2013年度上期(4~9月)の国内生産台数が前年同期比13.4%増の30万9000台に達し、過去最高になるとの見通しを明らかにした。

 XVハイブリッドの受注は8月25日までに計9200台にのぼり、納車は契約時から5カ月待ちの状態となっている。電気モーターが加速を補助する他社にないシステムへの評価が高く、受注が伸びたという。秋には米国への輸出も計画している。

 発売当初は販売目標を月550台に設定していたため、生産のスタート時の計画は月産600台規模だった。蓄電池や電気モーターなどの重要部品の確保にめどが立ったことから、群馬製作所の矢島工場(群馬県太田市)で増産体制に入った。

今回の能力増強でも生産が追いつかない状況は解消されない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!