携帯事業者の電波利用負担20%減 総務省、災害時復旧費など勘案 (3/3ページ)

2014.2.14 06:05

 一方、BWA事業者はKDDI系のUQコミュニケーションズとソフトバンク系のワイヤレスシティプランニング(WCP)の2社で、1社当たり負担額は5割前後増える見通し。

 スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末などに放送を配信する移動受信用地上基幹放送事業者はドコモ系のmmbi1社だが、軽減係数が適用され14億円から6億円に軽減される。

【用語解説】電波利用料

 電波の適正な利用を確保するため、総務省が無線局の免許人から徴収する料金。当初予算ベースで毎年度700億円前後で推移しているが、13年度までの現行水準は無線局数が増えたことなどで770億円規模に膨らんだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。