【ステップアップ】ビートロボ 「スマホ時代のCD」で音楽共有 (1/2ページ)

2014.2.18 05:00

「プラグエア」についてを説明するビートロボの浅枝大志最高経営責任者

「プラグエア」についてを説明するビートロボの浅枝大志最高経営責任者【拡大】

 不振が続く音楽業界を元気づけようと、あるベンチャーが昨年11月からユニークな小型機器を開発した。ビートロボの「プラグエア」がそれだ。スマートフォン(高機能携帯電話)のイヤホンジャックに刺すだけで曲が聴けるほか、友人や家族に渡せば共有もできる。同社の浅枝大志(ひろし)最高経営責任者(CEO)が「スマホ時代のCD」と呼ぶプラグエアは、新たな音楽媒体として消費者の視聴スタイルを一変させ、販促に悩むレコード会社の救世主になる可能性を秘める。

 プラグエアの試作品自体は一辺が22ミリの立方体だが、さらに小型化・薄型化でき、形や大きさも問わないという。なぜなら内部にはシンプルな基板が入っているだけで、実際は「曲のデータが格納されているわけではなく、鍵の代わり」(浅枝CEO)だからだ。

 専用アプリをたち上げ、プラグエアをイヤホンジャックに挿すと、その内部に格納された特定のIDが読み取られ、音楽プレーヤーが表示される。曲のデータはネット上から引き出す。友人に渡せば、曲の視聴を許可するのと同じことになり、CDと同じ感覚で共有できる。

 多くの人が無制限にタダで曲を共有できれば、レコード会社は潤わない。だがこの仕組みでは、レコード会社やアーティストが自由に共有可能な人数や時間を設定できるため、販促にも役立てられる。

 そんなプラグエアのおもしろさにいち早く食いついたのは、米人気ロックバンドのリンキン・パークだった。ファンクラブ会員向けに販売し、特典として未公開の曲や限定動画を視聴できるようにしたのだ。

 ほかにも日本人シンガーソングライター「ハジ→」が、販促の一環として新曲入りのプラグエアを限定販売。90秒版を24時間に限り聞けるようにした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!