トヨタが新型「低燃費エンジン」 パッソらに搭載、HVにも生かす (2/2ページ)

2014.4.11 06:25

 自動車の環境規制は、先進国だけでなく大気汚染に悩む中国など新興国でも強化される流れにある。独フォルクスワーゲン(VW)などの欧州勢は、排気量を減らしてターボチャージャーで出力を補う低燃費のガソリンエンジンを開発。トヨタは得意のHVで対抗するが、当面主流となるガソリンエンジン車でどう優位性を保つかが課題だった。

 新型エンジン開発担当者の山田哲主査は「ガソリン車の燃費をさらに良くしないとニーズに合わない」と説明する。

 トヨタは新型エンジン搭載車の販売比率を16年には全体の約30%に高め、規制対応や新興国などでの販売を強化する考えだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。