JR九州社長に青柳氏 専務から昇格、鉄道事業強化 唐池氏は会長に

2014.5.16 10:18

JR九州の青柳俊彦専務

JR九州の青柳俊彦専務【拡大】

 JR九州が、青柳俊彦専務(60)を社長に昇格させる人事を固めたことが16日、わかった。唐池恒二社長(61)は代表権のある会長に、石原進会長(69)は相談役に就く。閣議了承を経て、6月の株主総会後に正式決定する。

 青柳氏は現在、鉄道事業本部長を務める。JR九州が目標に掲げる平成28年度までの株式上場には、赤字ローカル線を多く抱える鉄道事業の収支改善が急務となっており、鉄道部門に精通する青柳氏の起用を決めたとみられる。

 唐池氏は平成21年6月に社長に就任。九州新幹線鹿児島ルートの全線開業や、昨年10月の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などのプロジェクトに筋道を付けたことから、トップ交代に踏み切る。

     ◇

 青柳俊彦氏(あおやぎ・としひこ)東大卒。昭和52年旧国鉄。JR九州取締役、常務を経て24年6月から専務。福岡県出身。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。