【PC Watch】軽量・柔らかなパワードスーツ (1/2ページ)

2014.9.22 05:00

米軍が導入を進める“柔らかい”パワードスーツ

米軍が導入を進める“柔らかい”パワードスーツ【拡大】

 ■DARPA 技術開発に注力

 日本でも開発が進む「パワードスーツ」と聞くと金属でできた外骨格が想像される。だが、現在、米国防総省高等研究計画局(DARPA)が導入に向け投資を行っているのが、柔らかい素材でできたパワードスーツだ。

 米軍兵士が身につける装備の総重量は45キログラムにも達する。この装備を付けた状態での移動は、疲労をもたらすだけでなく、足腰の関節に負荷を与え、けがにつながる可能性も少なくない。

 そこでDARPAでは「Warrior Web」というプログラムを立ち上げ、装備の重量に起因する筋骨格のけがを防ぐための技術開発に乗り出した。その目的は、軽量で、ウエットスーツのように装着していることを意識しないで済むような、パワードスーツの開発にある。

 その取り組みの一つが、ハーバード大学ヴィース研究所が開発を行っている、柔らかいパワードスーツだ。このスーツの骨格となる部分は、シートベルトのような薄くて柔らかいベルトで構成されており、ズボンの上に巻き付けるように装着する。ここだけを見ても、従来のパワードスーツとは一線を画しているのが分かる。メタルギアソリッドなど近未来SFに出てきそうな雰囲気もある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。