【ビジネスアイコラム】リクルートとダイエー『時代の明暗』…岐路は創業の遺伝子を残す意志 (2/3ページ)

2014.10.31 10:30

 両社が時を経て明暗を分けたのはなぜだろうか。リクルートの出身者たちは、若手のうちに会社を辞め、活躍してその連帯が強いことから、華僑になぞらえて「リ僑」と呼ばれる。ダイエーの出身者たちも、転出した企業で活躍している。日本の企業社会に貢献しているという点において、両社は遜色のない人材が集まっていた。

 自主再建にかける強い意志のある後継者がいたかどうかが、両社の岐路になったのではなかったか。それは、創業の遺伝子を残そうという意志と言い換えてもいいだろう。

 公募価格を上回る株価をつけて、上場を果たしたリクルート社長の峰岸真澄氏は記者会見の中で、自社の強みを尋ねられて「企業文化」と即答した。自社の歴史に対する敬意と自信にあふれている。

 現代史を顧みるには、この時代を生きた人々の隠れた証言や資料が出そろうまでに時間を要するので、性急な判断は避けなければならないと言われる。

2人の創業者が歴史上で評価されるのはこれから

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。