【挑む】日本ケアサプライ・金子博臣社長 在宅介護サービス事業 収益の柱に (2/3ページ)

2014.12.29 05:00

 --昨年、介護事業者向け支援サイトを立ち上げた狙いは

 「在宅の高齢者が増える中で、制度変更もあり、デイサービスでは筋力の低下防止や要介護の改善などこれまで以上に質の向上が求められている。まずはプラットホームを作ることで介護事業の現場を良くするための教育など後方支援をしていきたい。事業所会員数も7000を突破し手応えを感じている」

 --具体的なコンテンツは

 「介護福祉士やケアマネジャーら専門職を目指すためのアドバイスや毎日の献立メニュー、文具・日用品に加え、購入できるメニューも充実させたい。レンタル卸事業は、国の介護制度を下支えするビジネスだ。一方で制度変更や社会保障制度を取り巻く環境は厳しいだけに在宅介護サービス事業をもう一つの収益の柱に育て、経営基盤を充実させたい」

 --海外展開は

 「アジアの中でも確実に高齢化社会がやって来る。中国の国家康福補具研究中心と介護や福祉事業の検討を進めている。介護保険制度の導入を検討している台湾は親日の国民性もあり、有望市場だ」(上原すみ子)

                   ◇

【プロフィル】金子博臣

 かねこ・ひろおみ 一橋大商卒、1981年4月三菱商事入社。キトエ駐在事務所長(ザンビア)、ブリヂストンセールス(タイ)出向、日本ケアサプライに出向し、営業部長。三菱商事の新機能事業グループヒューマンケア事業本部ライフケア事業ユニットマネージャーなどを経て2010年5月から現職。56歳。

                   ◇

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。