ベトナム、新空港施設と道路橋完成 円借款 日本企業が工事担当 (1/2ページ)

2015.1.5 06:37

日本の円借款などで整備され、大成建設などが工事を担ったノイバイ国際空港の第2旅客ターミナルビルの内部=4日、ベトナム・ハノイ

日本の円借款などで整備され、大成建設などが工事を担ったノイバイ国際空港の第2旅客ターミナルビルの内部=4日、ベトナム・ハノイ【拡大】

 ベトナムの首都ハノイで4日、空の表玄関であるノイバイ国際空港の「第2旅客ターミナルビル」と、同空港とハノイ中心街のアクセスを改善する大型の道路橋「ニャッタン橋(日越友好橋)」の完成式典がそれぞれ開かれた。ともに日本が円借款を供与して支援し、日本企業が工事を担当。式典にはベトナムの要人に加え、日本から太田昭宏国土交通相が出席した。

 ノイバイ国際空港の第2旅客ターミナルビルは、急増する旅客需要に対応するために新設され、大成建設などが施工した。すでに昨年末に開業している。年間の旅客容量は1000万人で、既存ターミナルと合わせると従来の約2.7倍に拡大する。

 また、ニャッタン橋はホン川(紅河)にかかり、複数の塔から斜めに張ったケーブルを橋桁につないで支える「斜張橋」部分の長さが東南アジアでは最大となる1500メートルあり、取付橋も含めた総延長は3000メートルを超える。IHIインフラシステムや三井住友建設が工事を手掛けた。

両事業は合計1000億円超の円借款などで整備

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。