トヨタ世界販売、3年連続世界一ほぼ確実 工場新設再開へ調整 (2/2ページ)

2015.1.14 07:08

トヨタの新型燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」

トヨタの新型燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」【拡大】

 ただ、工場新設を凍結したトヨタの世界販売が伸び悩むなか、VWは18年の予定だった「1000万台超」目標を前倒しで達成。15年にもトヨタを逆転する可能性が出てきた。このため拡大する市場を確実に取り込もうと、好調な北米への輸出拠点となるメキシコや世界最大市場に成長した中国での新設案が浮上している。

 一方、トヨタは急激な規模拡大の弊害でリーマン・ショック後に赤字転落した苦い経験がある。これまで部品メーカーなどグループを挙げたコスト削減で経営体質を強化してきたが、今年からは車台や基本部品を複数車種で共通化する新手法を導入し、開発力強化とコスト削減を進める。

 豊田章男社長は、生産現場の改革が順調に進まなければ「(解禁を)もうちょっと延ばす」と述べるなど、安易な新設を戒めている。トヨタにとって、生産性向上と規模拡大の両立という難しい課題を解決できるかが、世界一を維持できるかどうかの分かれ目となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。