高齢者住宅、サービス競う 大手デベロッパー本格参入 (1/2ページ)

2015.1.14 06:49

大京の「かがやきの季・中野南台」では、各部屋にテレビ電話を導入。対話サービスを行う=東京都中野区

大京の「かがやきの季・中野南台」では、各部屋にテレビ電話を導入。対話サービスを行う=東京都中野区【拡大】

 大手デベロッパーの間で、サービス付き高齢者向け住宅事業に本格参入する動きが活発化している。大京は13日、「かがやきの季(とき)」シリーズというブランド名で今後10年間に60棟を稼働すると発表した。また、東京建物も17日に5カ所目となる同住宅を開業する。中長期的に50棟まで拡大する計画だ。

 大京が供給する第1弾は「かがやきの季・中野南台」(東京都中野区、28戸)。大京と個人が共同で所有する社員寮をバリアフリー化し、廊下の幅を広げるなどの改修工事を施した。80歳代の女性を主なターゲットとしており、2月1日から入居を開始する。

 提携先のウイズネット(さいたま市大宮区)が併設する訪問介護事業所を運営。生活相談、安否確認や食事サービスを提供する。各部屋にはテレビ電話を導入し「見守りサービス」を実施。日時を決めて入居者との対話を行う。第2弾は高松市に開設する。それ以降は首都圏を中心に、年間平均6棟のペースで開設する方針だ。

 東京建物が新たに開業するのは「グレイプス大森西」(東京都大田区)。日中に常駐するコンシェルジュが居宅介護支援事業所や大森山王病院と連携し、各入居者に合った最適なサポートプランを提案する。

大京と同様、食事サービスには力を入れており…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。