格安スマホ、大手が参入する理由は? ドコモ独走阻止に動くKDDIの思惑 (2/5ページ)

2015.1.20 06:45

KDDI子会社が販売しているスマートフォン「UQモバイル」

KDDI子会社が販売しているスマートフォン「UQモバイル」【拡大】

 自前の回線・基地局網を持たない格安スマホの事業者は、携帯大手のネットワークを借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを展開している。KDDIはこうした事業者に狙いを定め、KVEを通じてネットワーク利用を促す-。それが“真の狙い”というわけだ。

 国の意に沿う動き

 一方、業界関係者は、KDDIがパートナー支援事業に乗り出す背景について「通信行政を担う総務省の方針に沿った動きだ」と解説する。

 通信市場の活性化を目指す総務省は、格安スマホの契約シェアを全体の20%と、13年度末時点の3倍強に引き上げようとしている。スマホで契約会社以外の通信サービスを使えないように制限するSIMロックの解除を15年度から義務付けるのも、その一環だ。

 同省はまた、携帯大手に電波の周波数帯を割り当てる際の基準の一つとして、MVNOへのネットワーク貸し出し体制を評価している。現時点で大手3社への評価は同列だが、KDDIは「今後の割り当てで有利な立場を得るためにも積極的にネットワークを利用してもらう体制を整えた」というわけだ。

MVNOのほとんどはNTTドコモのネットワークを借りて展開しているのが実態

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。