ダイハツ、熾烈な軽自動車シェア争い裏目 スズキと消耗戦…業績落ち込む (1/2ページ)

2015.1.30 07:05

 ダイハツ工業が29日に発表した2014年4~12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比46.8%減の510億円と大幅に落ち込んだ。軽自動車市場で首位を競うスズキと激しいシェア(市場占有率)争いを繰り広げたために、営業費用がかさんだことが大きな要因だ。

 営業利益は前年同期に比べ449億円減少した。このうち値引きの“原資”となるディーラーへの販売奨励金や販売促進費などの営業費用は、52億円の減益要因になった。

 営業利益の大幅減を受け、最終利益は45.5%減の279億円にとどまった。

 売上高は6.3%減の1兆2680億円だった。

 消費税増税の影響で新車需要が低迷した今年度、ダイハツは一部改良を含め過去最多の6車種を投入して販売テコ入れを図った。

だが、スズキと昨年末まで競り合った結果…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。