FCVへの供給も視野 海外も注目する「バイオ水素」技術 (3/3ページ)

2015.3.16 06:26

ジャパンブルーエナジーが2013年6月に建設した試験プラント=群馬県渋川市

ジャパンブルーエナジーが2013年6月に建設した試験プラント=群馬県渋川市【拡大】

 もっとも、JBECの技術は森林資源が豊富な地方でも威力を発揮する。同社は来年春までに、石川県輪島市と前橋市で商用プラントを稼働させる計画。ほかにも岩手県宮古市など2、3カ所で建設を検討している。堂脇社長は「地震でライフラインが途絶えた際の非常電源にもなる。地産地消のような環境を築きたい」と、地方における製造・供給態勢の早期構築に意欲をみせる。

 商用プラントは発電規模3000キロワット時を想定。水素社会の本格到来には時間がかかるとみて、まずは電力を販売し、収益基盤を確立することに全力を注ぐ。改質ガスの3%を水素としてサンプル用に製造するが、それだけでも燃料電池車200台分を賄えるという。

 試験プラントに比べて規模が大きく、予期せぬ初期トラブルをどう抑えるかが課題だが、原料確保や約20億円という建設資金の手当ても含め、基本的にはクリアできている。堂島社長は「将来的には水素に軸足を移しバイオ水素の供給業者になりたい」と夢見る。

 昨年12月にはトヨタ自動車が世界初の一般向けFCV「ミライ」を発売し、納車まで3年待ちの人気となっている。一方、2020年開催の東京五輪では、新技術の「ショーケース」としてFCVや家庭用燃料電池の活用が想定される。堂脇社長は「水素の可能性を訴えるトヨタの姿勢は大歓迎。五輪も世間にアピールする絶好の場になる」と語り、水素社会の構築に対するムードの盛り上がりに期待する。(井田通人)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。