「シャープが大好き」鴻海会長ほめ殺し 独演会に水さす記者にブチ切れる場面も (3/5ページ)

2016.4.24 17:05

シャープの高橋興三社長(右)、鴻海精密工業の戴正呉副総裁(左)と手を組む鴻海の郭台銘会長=4月2日、堺市

シャープの高橋興三社長(右)、鴻海精密工業の戴正呉副総裁(左)と手を組む鴻海の郭台銘会長=4月2日、堺市【拡大】

  • シャープの高橋興三社長(右)、鴻海精密工業の戴正呉副総裁(左)と手を組む鴻海の郭台銘会長=4月2日、堺市
  • シャープの高橋興三社長(右)、鴻海精密工業の戴正呉副総裁(左)と手を組む鴻海の郭台銘会長=4月2日、堺市
  • シャープの高橋興三社長(中央)と並ぶ鴻海精密工業の郭台銘会長(左)=4月2日、堺市

 いら立つ場面も

 質疑応答で「シャープは本当に再建できるか」と質問されると、郭会長は「資産査定で強みと弱みを知った。弱みは限られた人数に開示するもので、ここでは強みの話をする」と前置きした上で「最近は日本市場で困難に直面しているが、テレビや空気清浄機、白物家電で業界をリードしてきたシャープの優れた商品は潜在力が大きい。(鴻海がコスト削減や大量生産でサポートし)どんどん購入してもらえば短期間で黒字化できる」と語った。

 「政府が消費税増税を先送りし、多くの人にシャープ製品を買ってもらえれば税収も上がる」と軽口を飛ばしていた上機嫌が一変した場面もあった。

 米国系通信社の記者が出資額を引き下げた理由と、さらに支払いを減らす可能性について質問したときのことだ。郭会長が「重要なのは価格より価値。両社が協力して競争力のあるビジネスにして将来の価値につなげたい」とまくし立てていた。

 すると、記者が「質問の意図と違う」とさえぎり、「出資額を再び減額する可能性があるかと聞いている」と改めて質問した。

「質問の意図が分らない」と語り、会見場に緊張感が漂った。すると…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。