【JAPAN style】畳・皮革、内需型中小職人の技で海外へ (2/3ページ)

2016.7.6 05:00

「革物語ワンちゃんシリーズ」の携帯ストラップ
「革物語ワンちゃんシリーズ」の携帯ストラップ【拡大】

  • サウジアラビア・リヤドに送った最高級国産畳を敷き詰めた部屋

 10年10月にサウジアラビアのリヤドに送った70枚の畳はワンフロア一面に敷き詰められたが、4畳の堀ごたつや丸柱、暖炉などもあって「現地の設計士と1年以上も図面をやりとりして完成させた」と精一氏は懐かしむ。欧州の古城を買って屋根裏部屋を畳敷きにしたり、大型ヨットの内装に畳表を使ったりと、思いもよらない活用法に驚かされることも少なくない。

 海外売り上げは右肩上がりで増え、今や4割を占める。「その比率は年々、高まっている」という。和室のない新築住宅が増えるなど内需が減っているからで、畳店も職人の高齢化や後継者難から減少の一途だ。

 一方、森田畳店は将来を見すえ、外国人向けにホームページを充実、英語とフランス語でも対応している。海外で簡単・安価に畳を手に入れられる「畳メイキングキット」も開発した。

 森田畳店がこだわるのは日本産の材料に加え、正確な寸法での製作や細かい箇所の処理、畳の裏面まで含めたきれいな仕上げ。日本の職人らしいきめ細やかさが外国人に受け入れられているといえる。

 ◆誰もまねできぬ

 メード・イン・ジャパン、ハンドメード、天然の皮革-。愛らしい表情のキーホルダーなど立体的な革小物雑貨を手がけるバンカクラフト(千葉県船橋市)が海外進出を決めた要因だ。

 海外事業部長を務める4代目の田中紺氏は「手作りなので海外の好みに合ったデザインと商品開発ができる上、革の可塑性を理解した熟練職人だからこそ作れる立体造形が強み」と言い切る。独創的なデザインを生み出した3代目の滋郎会長は「ノウハウを駆使して丸みのある商品を作る。誰もまねできず、まねても似て非なるもの」と自信を見せる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。