缶チューハイ堅調で営業増益 ビール大手4社6月中間 (1/2ページ)

 ビール大手4社の2016年6月中間連結決算が、5日出そろった。“ビール離れ”が進む中、缶チューハイや清涼飲料などビール以外の売り上げが堅調で、4社ともに営業増益もしくは黒字に転換した。各社はビール類をてこ入れしているが、市場の縮小に歯止めはかからず、ビール以外が業績を下支えする構図が当面続きそうだ。

 5日に決算を発表したサントリーホールディングス(HD)の営業利益は872億円と、前年同期比で14%増えた。ビール類の販売数量が1.6%増にとどまる一方、節約意識や“家飲み志向”の高まりなどを背景に缶チューハイが14%伸びるなど、増益に貢献した。

 キリンHDのビール類の販売数量は6.8%減少。缶チューハイや茶飲料の販売増などでこれを補い営業増益を確保した。アサヒグループHDも缶チューハイの新ブランドが好調だったほか、サッポロHDは不動産事業の稼働率が高水準だった。

「キャンペーンなどを追加し、後半追い込む」(キリンHD代野照幸常務)