【視点】CO2を地下に封入 CCSの実証試験が始まった (2/3ページ)

2016.8.16 05:00

 このCCSの実施には、隙間の多い砂岩や火山岩から成る貯留層の直上に、緻密で流体を通しにくい泥岩の遮蔽層が存在していることが必要だ。貯留層に入れたCO2が漏れ出さないよう遮蔽層が蓋の役目を果たす。苫小牧の沿岸部にも、こうした地層構造が存在しているのはもちろんだ。

 ところで、日本でのCCSによるCO2の貯留可能量だが、1400億トンという見積もりがある。日本の排出量は年間約13億トンなので100年分に相当する規模だ。

 数年前のことになるが、政府の審議会でCCSの導入に難色を示した委員がいた。理由は「削減力が巨大過ぎるので、国民の間での地道な削減意欲が損なわれる」ということだった。それほどの圧倒的な削減力を秘めた技術なのだ。

 地球温暖化防止の枠組みとして昨年、採択された「パリ協定」では、今世紀末の気温上昇を産業革命前に比べて1.5℃未満を目指しつつ、2℃未満に抑えるという国際合意に達している。

 この「2℃目標」の達成には、2050年に世界のCO2排出量の半減が必要なので、CCSへの期待度は高いのだ。

                   ■

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。