【高論卓説】働き方改革の実現 競争意識とゆとり、使い分け必要 (2/3ページ)

2017.1.20 06:10

 しかし、本来目指すべき「働き方改革」は「女性の活躍」を中心に考えるのではなく、もっと幅広い視野に立ち、日本の現状、世界の現状の中で、安定・安心の暮らし、その先にある人々の幸せはどのようにしてつくっていくのかということに、議論の中心を置くべきである。それは「働き方」の先にある「生き方」を問うものでもある。

 耐え難いほどの長時間労働や劣悪な労働環境が強いられる背景には、過度の競争意識があることも事実だ。ITの進歩により、「どこでも、いつでも」仕事ができる環境が整ってきたのは良い面もあるが、「どこにいても、いつも」仕事のことを考え、対応し、以前よりも仕事の拘束は精神的に強まっているようにも見える。

 フリーランスで仕事をしてきた私自身は、仕事とプライベートの境があまりなく、苦痛と考えたことはなかったが、それでも子供の学校行事で半日スマートフォンの着信に気付かないだけで「どうしたかと思った」と言われると、「ちょっと待ってよ」と言いたくなる。

 雇用者であるならば、退社時間を早めたり、年次休暇取得率を向上させたところで、実際の生活は「スマホと共存」で、ひとときも仕事からは解放されず、劣悪な労働環境は実態としては改善されないのである。

 世界は競争の波にさらされ、特に技術革新の分野においては、1分1秒を争うことも事実だ。企業経営にも即断即決が求められ、速いスピードで世の中が変化していくこの流れは、もはや止めることはできないだろう。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。