ピコナ 回数限定チケットなど奏功 アニメ製作現場で残業を大幅 (1/2ページ)

2017.3.6 05:00

コンピューターを使ったアニメ作品の製作現場=東京都大田区のピコナ本社(同社提供)
コンピューターを使ったアニメ作品の製作現場=東京都大田区のピコナ本社(同社提供)【拡大】

 アニメーション製作のピコナ(東京都大田区)は、会社が従業員に月5枚支給する「残業チケット」を導入。導入からわずか3年余りで、従業員平均で月100時間以上だった残業時間が25時間前後にまで減少した。労働時間を一定の条件のもとで自由に決められるフレックス制度も取り入れ、子育てや介護など家庭の事情を抱えた従業員でも安心して働ける職場環境づくりに力を入れている。

 同社は創業から10年にも満たない若い会社。創業当初は長時間の残業が当たり前で、辞める従業員が後を絶たなかった。新卒者向け会社説明会を開いても「残業が多くて休めなさそうとのイメージが強く、人材確保がままならなかった」(吉田健社長)という。

 そんな吉田社長は2012年にヘルニアを患い、2週間余りの入院を余儀なくされた。

 「このままでは身体が持たない」-。そう考えた吉田社長は働き方改革に乗り出す。

 職場復帰した吉田社長はまず毎週水曜日を「ノー残業デー」と決めた。ただ水曜日の仕事を他の曜日に移しただけの社員が多く、大きな成果は出せなかった。そこで「それなら残業できる回数を決めればうまくいくのでは」と考え、13年11月に残業チケット制を導入した。

 残業できるチケットは社内LAN(構内情報通信網)を通じて配布される。チケットを使えば月5回まで午後9時以降も残業できるが、事前にチケットと残業届を会社に提出し、社長の承認を得ることを条件とした。申請の際には社長のチェックが入り、必要性がないと判断された場合は却下される。

 それまでは何となく会社に残っている社員も多かったが、チケット制にしたことで、「どうすれば残業せずに済むかを社員自らが考え、仕事の優先順位が付けられるようになった」(吉田社長)という。仕事の進め方が分からない新人社員を先輩社員がアドバイスするなど、チームワークで仕事ができるようになった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。