ホンダ、「兄弟車」戦略で中国シェア拡大 日本勢首位でも“EV競争”に危機感 (2/3ページ)

深●・香港・マカオ国際モーターショーに東風ホンダが出展した大型SUV「UR-V」=6月10日、中国広東省●=土へんに川
深●・香港・マカオ国際モーターショーに東風ホンダが出展した大型SUV「UR-V」=6月10日、中国広東省●=土へんに川【拡大】

 ホンダは1998年に広州汽車と合弁で「広汽ホンダ」を、2002年に東風ホンダを設立し、日系メーカーで初めて中国に本格進出した。市場の拡大に伴い徐々に販売は増えたが、ラインアップの少なさが響き、先行する独フォルクスワーゲン(VW)など欧米メーカーに比べて存在感は小さかった。

 10年4月に東風ホンダ総経理に就いた水野泰秀(現・中国本部長)は着任早々のモーターショーで「『いつになったら新車を出すのか』『新工場は建てないのか』と、報道陣から厳しい批判を浴びたのが悔しかった」と振り返る。

 そこで当時、中国本部長だった倉石誠司(現副社長)らが打ち出したのが兄弟車戦略だ。

 販売台数は日系首位

 それまで合弁2社は別々の車種を販売しており、開発費や期間が限られた中ではラインアップの拡充が難しかった。倉石らは1つの車種の内外装に手を加えて差別化し、それぞれの合弁が別車種として売り出した。第1弾の小型SUV「ヴェゼル」は広汽ホンダが14年から販売する一方、東風ホンダもバンパー部分を強調するなど力強いデザインに変えた兄弟車「XR-V」として販売した。

 結果、10年末に計9車種だった2社のラインアップは、現在16車種に拡大した。16年の販売台数は前年比24%増の125万台と戦略導入前の13年(71万台)から8割近く増え、VW、米ゼネラル・モーターズなどに次ぐ4位に浮上。日系ではトヨタ自動車や日産自動車を抑えてトップを走る。倉石は「兄弟車で1足す1が2以上になった」と成果を語る。

だが、市場の変化は激しい

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。