【ピックアップ】ダイナム、女性活躍推進でサミット

当日は各社より女性活躍推進に取り組む22名が参加。課題解決に向け意見を交わした
当日は各社より女性活躍推進に取り組む22名が参加。課題解決に向け意見を交わした【拡大】

 ダイナム(東京都荒川区)は2月27日、東京都荒川区のダイナム本部会議室で他企業の女性活躍推進に取り組んでいる担当者を招き「なでしこサミット2018」を開催。遊技業界から合田観光商事、ニラク、夢コーポーレーションが参加したほか、他業種からレオパレス21、シグマロジスティクスがオブザーバーとして出席。女性活躍推進についてグループディスカッション形式で意見を交わした。

 当日は、各企業の取り組みを共有しつつ、直面しているさまざまな課題について議論。「在宅勤務制度」「カムバック制度」「女性店舗(女性だけでの店舗運営)」など、各企業が導入している事例を発表・説明するとともに積極的に共有。一方で、課題については各企業ともに「女性の定着率」と「女性の幹部候補生の育成」を提示。これらの解決に向け、女性が働きやすい環境を構築するために何が必要で何が足りないのかなど、具体的かつ活発に意見を出し合った。

 なお、参加者からは「業種や会社が違っても同じような課題を抱えていることが分かり、気持ちの共有ができたことがうれしい。働く自信につながった」「(ここで学んだ内容を)すぐ自社に持ち帰り取り組みたい」などの声が聞かれた。同社は、この“なでしこサミット”を通じて、今後もさまざまな企業との活発的な議論を重ねるとともに、女性の活躍推進企業として積極的に取り組んでいく。

 ダイナムはこれまでも、厚生労働省から次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみんマーク」の取得をはじめ、多様な人材が活躍できる企業風土づくりや働きやすい職場環境づくりに取り組んでおり、17年は4自治体から表彰を受けるなど、5自治体から表彰を、13自治体から認定を受けている。

 同社では、企業の取り組みが広く周知されることが男女共同参画社会の実現へ向けた風土づくりの一助になると考えており、今後も全国の自治体で申請を行う予定にある。また、今後も従業員の多様な働き方を可能にする環境づくりを推進し、性別に関わりなく意欲ある人材がその能力を十分に発揮できる社会の実現に尽力していくとしている。

 一方、同社は3月1、2日に千葉市美浜区の幕張メッセで開催された合同企業説明会「就活開幕LIVE東京」に企業ブースを出展。ブースでは、企業概要やビジョンの紹介とともに、社内教育プログラムなど人材に対する投資についても説明。就活生を支援するインターンシッププログラムなども紹介し、多くの来場者の関心を集めた。