みずほ新卒採用、700人に半減へ

 みずほフィナンシャルグループが2019年度の新卒採用数を、18年度の半分の700人程度に減らす見通しであることが分かった。低金利の長期化を背景とした構造改革の一環。三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループも中核銀行の採用数を減らす方向で、3メガバンクの足並みがそろう。

 みずほは26年度末までにグループ全体の4分の1に当たる約1万9000人の従業員を削減する計画を既に発表している。次期システムへの移行にめどがついたこともあり、構造改革に本格着手する。みずほの18年度の採用数は、持ち株会社と中核のみずほ銀行、みずほ信託銀行で計1365人。三菱東京UFJ銀行は18年度の約1050人から1割弱減らす見通し。三井住友銀行は約810人から一定数を減らした上で専門人材の確保に向けた理系大学院生の採用枠を新設する。