「霞が関ビル」竣工50年、色あせぬ存在感 日本初の超高層ビル、今も“進化中” (3/3ページ)

12日で竣工50周年を迎える霞が関ビルディング(中央)=9日、東京・霞が関
12日で竣工50周年を迎える霞が関ビルディング(中央)=9日、東京・霞が関【拡大】

  • 竣工当時の東京・霞が関周辺。霞が関ビルディングは日本初の超高層ビルとして突出した高さを誇った(三井不動産提供)

 ≪霞が関ビルディングのあゆみ≫

 1959年 霞が関の旧東京倶楽部の用地取得

   63  建築基準法改正で街区ごとの高さ制限撤廃が可能に

   64  建設省(現国土交通省)が容積率緩和の特定街区に指定

       東京五輪開催

   65  建設工事着工

   68  竣工、全日本空輸や鹿島建設など一流企業が入居

       営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅の利用客数2倍に

   69  霞が関ビル建設を描いた映画「超高層のあけぼの」公開

   72  初の月面着陸を祝う日本初のウインドウアートを実施

   94  最初の大規模改修で空調や電源などのシステム一新

 2000  2回目の大規模改修、光ファイバー敷設など実施

   09  都市広場「霞テラス」の開発など3回目の大規模改修

   14  電力供給など災害時における事業継続対策を強化

   17  法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」開業

   18  竣工50周年