「Brushup」 イラスト、動画などクラウドで共有 (1/2ページ)

Brushupの機能を説明する水谷好孝社長
Brushupの機能を説明する水谷好孝社長【拡大】

 ■教育現場で活用、ユーザー拡大

 イラストや動画のレビューを複数のユーザーで行えるクラウドサービス「Brushup」の導入企業数が着実に増えている。ソフトウエア開発のフェンリル(大阪市北区)が、導入企業が1000社を突破したのを機に事業を分社化。昨年2月に新会社「Brushup」を設立して事業を拡大し、累計2000社を突破した。働き方改革への取り組みが進み作業効率の向上が求められているのを背景に、2020年までに10万社へと拡大する計画だ。

 「IT文化が進展しているのに変わっていない」とBrushupの水谷好孝社長が指摘するように、メールなどを通じたファイルのやりとりはファイルのダウンロードが前提。時間がかかり、「ファイルに対応したソフトを持っていなくて開けない」といった課題がある。ファイルが埋もれてしまったり、ファイルを開いた後に行う修正場所の指摘についても、手間がかかるのが現状だ。

 Brushupは、イラストレーターとの間で電話やメールを通じ、膨大な数のやりとりを強いられるスマートフォンゲームの開発会社からの要請を踏まえ開発した。ダウンロードが省略されブラウザ上でイラストや写真、動画、ドキュメントに手描きやコメントで変更点を指摘し合いながら、そのまま確認できるため、円滑に意思疎通を行える点が特徴だ。

続きを読む