【インターネットWatch】駅すぱあと、シェアサイクルも合わせて経路検索

 ■札幌で国内初実験

 電車やバスなどの公共交通機関に加え、シェアサイクルも交通手段に含めて経路を検索できる国内初というサービス「mixway(仮)」の実証実験が、22日から8月31日まで札幌市で行われる。経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(東京都杉並区)と、札幌市でシェアサイクル「ポロクル」を運営する認定NPO法人ポロクルが実施する。

 駅すぱあとをベースにした公共交通機関とシェアサイクルとの複合経路検索サイトをベータ版として公開。シェアサイクルのポートがある場所や各ポートの空車・満車情報がリアルタイムで分かるマップ機能もあわせて提供し、「電車やバスとシェアサイクルを組み合わせた経路を知りたい」「シェアサイクルのポートがどこにあるのか分からない」といった声に応える。

 ポロクルは、札幌市中心部に40カ所以上のポートを設置し、350台のシェアサイクルを提供。登録会員・観光利用者は2万5000人以上という。

 ヴァル研究所では「従来の乗り換え案内サービスのインターフェースを踏襲し、経路案内の中で自然にシェアサイクルを組み込むことで、これまでシェアサイクルを知らなかった方にもシェアサイクルを認知させ、人々の行き方の幅を広げる」と説明。今回の実証実験により、複合経路検索サービスの有用性や同サービスによるシェアサイクルの利用促進効果などを検証する。(インプレスウオッチ)