全国7原発12基に…規制委、島根2号機問題を受けダクト穴の調査結果を公表


【拡大】

  • 中国電力の島根原発3号機(手前)=松江市

 原子力規制委員会は23日、中国電力島根原発2号機(松江市)の中央制御室の空調換気系ダクトで平成28(2016)年12月に腐食による複数の穴が見つかった問題を受け、全国の原子力事業者に昨年1月に指示した調査の取りまとめ結果を公表した。島根2号機を除き、7原発12基でダクトに腐食や穴が確認された。

 腐食などが確認されたのは東北電力女川3号機(宮城県)、日本原子力発電東海第2(茨城県)、東京電力の福島第1の6号機と柏崎刈羽3、4、6、7号機(新潟県)、中部電力浜岡3~5号機(静岡県)、北陸電力志賀1号機(石川県)、中国電力島根1号機(松江市)。

 このうち柏崎刈羽3号機は腐食が大きく、中央制御室の性能に異常がある可能性がある。同7号機の影響も確認する。他の10基では性能異常はないという。

 穴が開いていると、原発事故時に放射性物質が中央制御室に流入し、作業員が被ばくする恐れがある。

 島根2号機では、ダクトを覆う保温材を外す点検で複数の穴が見つかり、最大で横約100センチ、縦約30センチだった。原因は結露や外から浸入した雨水、塩分の付着と推定されている。