主要生保10社が増益 3月期決算  基礎利益で明治安田2位浮上  (1/2ページ)

日本生命保険の本店本館(中央)=大阪市中央区
日本生命保険の本店本館(中央)=大阪市中央区【拡大】

 主要生命保険13社の平成30年3月期連結決算が25日、出そろった。売上高に当たる保険料等収入は7社が増収。本業のもうけを示す基礎利益は好調な相場環境を追い風に10社が増益だった。明治安田生命保険は海外子会社の堅調に支えられて増収・増益を確保し、基礎利益で第一生命ホールディングス(HD)を抜いて業界2位に浮上した。

 低金利で利回りが見込めない円建て貯蓄性商品の魅力は薄れたが、各社とも比較的利回りが高い外貨建て保険の販売が好調。日本生命保険は、経営者向け商品も好調で増収を確保した。

 第一生命HDも、商品供給・販売を子会社と連携して行う戦略が奏功して9%の増収。昨年4月の利率引き下げ前に駆け込みで実績を伸ばした住友生命保険が反動減となった。

 運用面では低金利が大きく影響し、各社は日本国債から米国債へ投資先をシフト。前期は株高に加え、円安ドル高で利息収入が膨んだ。予定利率が現在よりも高い過去の保険契約が満期を迎えていることも基礎利益を押し上げた。

続きを読む