パナ、PC発火対策プログラム提供延期

 パナソニックは24日、ノートパソコン「レッツノート」と「タフブック」のバッテリーパックの発火事故対策として5月末に予定していた診断・制御プログラムの提供を、6月12日に延期すると発表した。動作の検証に想定より時間がかかっているためという。

 対象となるのは2011年2月以降に製造されたレッツノート12機種、タフブック1機種の計13機種の約116万台。バッテリーの回収・交換は行わず、代わりに安全性を高めるプログラムを提供すると3月に発表していた。

 問い合わせはフリーダイヤル0120・870・163。