動画配信にさまざまな動き ドワンゴが新サービス「バーチャルキャスト」の提供を開始 (2/4ページ)

 自分がCGキャラクターとなってVR空間にいる様を、そのままニコニコ生放送を通じて配信することも可能。アバターたちの周囲には、視聴者から寄せられたコメントが立体化されて飛び交っており、「バーチャルキャスト」のユーザーはそれを手でつまんで引き寄せたり、投げたりして楽しめる。

CGキャラクターになってVR空間でコミュニケーションを楽しめる「バーチャルキャスト」

CGキャラクターになってVR空間でコミュニケーションを楽しめる「バーチャルキャスト」

 ユーチューバーのように本当の自分をさらけ出したくない人でも、CGキャラクターを介してなら自分をアピールできることが、バーチャルユーチューバー人気の背景にある。「バーチャルキャスト」の導入によって、キズナアイやミライアカリといった人気バーチャルユーチューバーに続くスターが、ここから生まれてくる可能性もありそうだ。

 バーチャルキャストのプレーヤー、招いて番組

 ドワンゴでは、東京・池袋のP’PARCO内に置くニコニコ本社のニコぶくろスタジオに、バーチャルキャラクターを招きパーソナリティーとリアルタイムでやりとりできる設備を導入した。透明になった有機ELディスプレーにCGのバーチャルキャラクターを投影し、スタジオの奥にある専用ブースから人が操作する、というもの。操作ブースにいる人が頭や両手を動かすと、キャラクターの頭の向きや手の位置も変わる。表情はスイッチ操作で切り替えられる。

自然な会話を演出