東芝メモリ研究開発を加速 NAND型メモリー「技術優位を核に」 (1/2ページ)


【拡大】

 米投資会社ベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」へ売却された東芝メモリが4日、都内で事業戦略説明会を開き、成毛康雄社長が「技術の優位を核にしてグローバル競争を戦う」と研究開発を加速させる方針を示した。同社が手掛けるNAND型フラッシュメモリーは競争が激しく、世界シェア1位の韓国サムスン電子の背中は遠い。

 「われわれの主導により、これまでとは異なる素早い意思決定を実現する」

 共同で記者会見に臨んだベインの杉本勇次日本代表は、東芝本体から独立したメリットを強調した。取締役5人のうち、成毛社長と大株主、HOYAの鈴木洋最高経営責任者(CEO)を除く3人がベインから就任した。

 今後は、M&A(企業の合併・買収)も視野に入れて企業価値向上を図る。3年後の株式上場が目標だ。

 幅広い分野で記憶媒体に用いられるNAND型フラッシュメモリーの市場は成長が続く。英調査会社IHSマークイットによると、2017年は金額ベースで前年比40%以上伸長した。

 普及が一巡したスマートフォン向けは一服が見込まれるが、成毛社長は「データセンター向けの需要が大きく、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)も牽引(けんいん)役だ」と、今後の市場拡大を楽観視する。

続きを読む