パナ、ノートパソコン新製品 テレワークも視野に軽量化

パナソニックが発売する「レッツノート」の「LV7」シリーズ
パナソニックが発売する「レッツノート」の「LV7」シリーズ【拡大】

 パナソニックは7日、ノートパソコン「レッツノート」の新製品4シリーズを15日に発売すると発表した。個人や法人向けの「LV7」シリーズは14型の画面で、高速処理が可能なシステムを搭載しながら約1.25キロと軽量化を実現。デスクトップからの代替を促すことで、自宅などで働く「テレワーク」の推進といった働き方改革にもつなげてもらいたい考えだ。

 処理速度は5年前のモデルの約2.4倍に向上しており、本格的なビジネス用途にも対応できるようにした。画面サイズが小さい機種や、キーボードを外してタブレット端末として使える機種も発売する。店頭想定価格は22万7000円前後から。

 法人向けに月額料金制のレッツノートのレンタルサービスを本年度中に始めることも発表した。神戸市の工場で修理やバッテリー交換などのサポートも受けられる。