「激坂注意」「輪行します」LINEスタンプでしまなみ応援 16種類、無料化継続に活用

LINE用スタンプ「しまなみアニマルサイクリング」の一例(広島県提供)
LINE用スタンプ「しまなみアニマルサイクリング」の一例(広島県提供)【拡大】

  • LINE用スタンプ「しまなみアニマルサイクリング」の一例(広島県提供)
  • LINE用スタンプ「しまなみアニマルサイクリング」(広島県提供)

 広島県と愛媛県を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」の自転車道の無料化継続の費用に充てようと、両県でつくる利用促進協議会が、無料通信アプリLINE(ライン)用スタンプ「しまなみアニマルサイクリング」を発売した。広島県観光課は「スタンプを使って、しまなみ海道を応援してほしい」と呼びかけている。

 自転車道は橋の上から瀬戸内海と海に浮かぶ島々を見ながら走れることから、国内外から多くのサイクリストが集まる。

 平成26年に無料で走れるようになってから人気が加速し、多くの観光客がサイクリングを楽しむ一方、自転車が走りやすい環境整備の維持費が課題となっている。親しみやすく、日常生活でも使えることからスタンプの販売を決めた。

 デザインは16種類で1セット120円。ウサギやキツネなどの動物を、しまなみ海道を訪れるサイクリストに見立てて描いた。「激坂注意」「輪行します(自転車を分解して電車に乗せる)」などのサイクリング用語も添えられている。

 売り上げの約3割が沿線の自転車スタンドの整備や、サイクリングマップの制作費などに使われる。