「半分、青い。」のロケで話題の駅、アジサイが見頃に わたらせ渓谷鉄道

アジサイが見頃を迎えたわたらせ渓谷鉄道の沢入駅=群馬県みどり市(橋爪一彦撮影)
アジサイが見頃を迎えたわたらせ渓谷鉄道の沢入駅=群馬県みどり市(橋爪一彦撮影)【拡大】

  • アジサイが見頃を迎えたわたらせ渓谷鉄道の沢入駅=群馬県みどり市(橋爪一彦撮影)

 わたらせ渓谷鉄道の沢入(そうり)駅(群馬県みどり市東町)のアジサイが見頃を迎え、青や白、紫色の花を咲かせている。駅は、放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のロケが行われたことでも話題となり、観光客でにぎわっている。

 地元の沢入地区の住民で作る「もみじの会」が18年ほど前から沢入駅に移植して2200株に増やした。

 前橋市の久保克弘さん(73)は「NHKのドラマを見て感激、撮影現場を見に来ました。レトロな駅舎とアジサイがマッチしていますね」と話した。

 7、8日には「あじさい祭り」が開かれ、ミニトレイン体験乗車や子供向けイベントを開催。両日に桐生駅から沢入駅に向かう「あじさい見学ツアー」の参加者を募集している。問い合わせは同社(電)0277・73・2110。