ライフセービング普及に一役 三洋物産、国際大会を開催

 三洋物産(名古屋市千種区)は6月23、24日、福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園で「三洋物産 インターナショナル ライフセービングカップ2018」を開催した。

 日本唯一のライフセービング競技の国際試合となる本大会は、同社のスポンサードを機に開かれるようになり、今年で11回目を迎える。

 ライフセービング競技は海辺での事故を想定し、ライフセーバーたちが必要とする救助技術を競技化したスポーツ。砂場や大きな波、強い潮の流れなど救助の際に起こり得る状況を想定した競技内容となっている。今年はオーストラリア、ニュージーランドなどの強豪国をはじめ7カ国・地域から8チームが参加。ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 三洋カップ開催以降、2年に一度開催される世界選手権大会における日本代表の成績は確実に向上しており、2016年は総合8位に入賞。本大会においても、日本代表Aチームが総合3位に入賞という好成績を残した。なお、総合優勝はオーストラリア。ニュージーランドとの激闘を制し、大会11連覇を達成した。

 ライフセービング競技は、水辺の事故防止を本旨としているが、まだまだ普及の途次にある。

 大会2日目には、地元の小学生・中学生向けに観戦ツアーを実施。観戦のほか、各国選手からレッスンを受け、ニッパーボード(ライフセービングで使う子供向けクラフト)の体験を行ったほか、翌日は参加選手と地元小学5年生161人によるライフセービングを通じた国際交流イベントを開催。さまざまな角度から競技の認知普及に努めた。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)