ソフトバンク、駐車場シェア事業

 ソフトバンクは13日、参入を公表している駐車場シェアリング事業を10月下旬から開始すると発表した。8月20日からテスト運用を始める。ヤフーとソフトバンクが出資するシェア自転車サービスのオープンストリート(東京都港区)と連携し、駅などの主要施設や観光地から離れた場所でも利便性を確保する。

 駐車場の所有者はカメラセンサーや磁気センサーなどを設置する。設置費用は未定だが、同社の担当者は「数百万円かかる通常の有料駐車場に比べると大幅に安い」という。ヤフーのカーナビアプリと連動し、予約を入れた駐車場まで案内してくれる。年内には予約から決済までの全てをカーナビアプリでできるようにする。