au、スマホ4年縛り改善 公取委の問題視で

 携帯電話大手KDDI(au)が、スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」プランの改善を検討していることが27日、分かった。購入から2年後に同じプランに再加入させる項目を撤廃する方向。公正取引委員会が「利用者の選択権を奪っている」と問題視したのを受けて見直す。同様の手法を採用するソフトバンクは静観の構えで、対応が分かれそうだ。